やっぱり第一印象は大切

f:id:jokerlike:20210205161405j:image

※最初のイメージによって全体的評価は変わる

 

たとえば、、

 

真面目で、知的で、嫉妬深いAさん

 

 

嫉妬深くて、知的で、真面目なBさん

 

 

では、どちらが印象よく感じるだろうか?

上記の文章をよく見たら分かると思うが、実際はどちらも同じだ。

言葉の順序を変えただけで受ける印象は変わってしまうのだ。

基本的に人は最初に与えられた印象に強く影響される傾向があり、これを心理学では初頭効果という。

 

 

 

 

先程の例でも最初に「真面目」「知的」という良いイメージの言葉を聞くと最後の「嫉妬深い」のマイナスイメージは軽減される。

しかし、最初に「嫉妬深い」と聞くとそれに続く「真面目」「知的」まで理屈っぽく受けとってしまう可能性が高くなる。

 

つまり第一印象は非常に大切だということだ。

スリーセット理論においても、相手に対する印象は第一印象をベースに3回会うあいだに決まるとされており、印象が固定化されると、それをくつがえすのは難しくなる。

 

 

 

 

※スリーセット理論

人の印象や評価は初対面から3回目までのうちにほぼ固定化されるという理論。

その後の情報はすでに形成された印象をベースに受け取られてしまう。

その一方で直近の印象も重要になる。

いくら楽しいデートでも別れ際に嫌な思いをすると後々まで引きずるもの。

最後の印象が強く残ることを新近効果という。

 

 

 

 

 

※出会って3回目までが勝負

 

人の印象は3回会うあいだに決まってしまうというスリーセット理論。

特に第一印象は最重要。嫌な印象を与えると、挽回の機会すらないこともある

 

 

 

初対面

(第一印象を決定する)

まず外見から人柄をイメージ。

さらかな表情やしぐさ、話の内容などから印象が決まる。ここでNG判定されると恋愛対象になるのは難しい。

f:id:jokerlike:20210205155759j:image

 

 

 

2回目

(印象を再判定する)

自分の思った第一印象が正しかったのかどうか再度相手を判定する。

f:id:jokerlike:20210205160310j:image

 

 

 

3回目

(印象を確認する)

判定した印象を確認し、固定化する。

4回目以降を固定化した印象を強めていくため、簡単には印象は変わらない。

ギャップで印象が覆されることもあるが、状況次第。

f:id:jokerlike:20210205161248j:image